当協会について


沿革

1957年5月
国会、関係団体により「国連加盟記念・海外日系人親睦大会」(第1回大会)を開催。

1960年5月
海外日系人連絡協会を設立、海外日系人大会をはじめ海外日系人との親善交流を推進。

1964年9月
全国知事会が本会に参画、都道府県全知事が、協会役員(理事・評議員)に就任。

1967年2月
財団法人として認可。

1971年7月
日系留学生中央研修会開催。(年2回)

1974年10月
海外日系新聞協会を設立、毎年秋に年次大会を開催。

1977年5月
季刊「海外日系人」誌創刊。(年2回)

1991年7月
日系人相談センター」を開設。

1991年10月
来日日系人のための「生活便利帳」を制作。(ポルトガル語版、スペイン語版併せて15万部発行。)

1992年12月
「相談センターニュース」(現:日系人ニュース)創刊。(年6回)

1994年11月
日系報道機関広報研修事業開始。(総理府)

1996年3月
「日系人の役割セミナー」開催。(共催外務省)

1996年4月
寄附行為の変更(外務大臣認可13号)の認可取得。

1996年4月
国際協力事業団に協力し、移住者・日系人支援にかかわる調査・研究業務を展開。

1997年12月
日本の文化」講演集 スペイン語対訳版発刊。

1999年3月
日本の文化」講演集 ポルトガル語対訳版発刊。

1999年4月
日本海外移住家族会連合会の解散に伴い、同連合会が実施してきた海外日系人訪日団の受入、および移住者家族子弟研修生事業を引き継ぐ。
 
1999年度
フィリピン日系人互助財団(フィリピン)  自家発電装置の購入資金支援
アジアの家日本語コース(キューバ) 日本語教材・教具支援
 
2000年7月
特定公益増進法人として認可

2001年度
ジャフィール(日比)協会(フィリピン)  灌水用車輌支援

2002年7月
特定公益増進法人としての認可更新

2002年10月
JICA横浜内に「海外移住資料館」がオープン。 当協会が管理・運営業務を受託。
 
2003年度
芙蓉会(韓国) シルバーカー、杖支援

2004年2月

2004年4月

2004年4月
厚生労働省による日系人の就労環境の改善事業の委託を受け、同事業をCIATE(日伯雇用サービスセンター)へ委託。専門職員を派遣。

2004年5月

2004年6月

2004年9月
特定公益増進法人としての認可更新

2005年1月
国際日系ネット協議会設立

2005年11月
継承日本語教育センター 「日系子弟のための日本語教育実践交流会」(第1回)
開催、「研究紀要」(Vol.1)発刊

2006年度
ヤヤサン福祉友の会(インドネシア)  パソコン等事務機器の購入資金支援

2006年10月
特定公益増進法人としての認可更新

2006年12月

2007年度
ムンドデアレグリア学校 教材、教具費等支援

2007年7月

2008年10月
特定公益増進法人としての認可更新

2008年12月

2008年12月
在日日系人緊急支援募金

2009年4月

 


2009年10月
 
2012年4月
公益財団法人 海外日系人協会 へ移行