当協会について


事業概要

海外日系人協会では、国内外の日系人を支援するためのさまざまな活動を行っています。


海外日系人との親善交流


海外日系人大会
海外に在住する日本人・日系人が母国日本で一堂に会し、在住国における日系社会の現状を報告しあいます。海外各地に存在する日系社会の横のつながりを広げ るだけでなく、日本国民の海外日系社会に対する理解を促し、国際交流、対日理解の促進・強化をはかることを目的としています。毎年、20数カ国から数百名 が来日、参加します。


広報
1.『Nikkei Network - 海外日系人協会だより』(年4回発行)の企画・編集・製作及び発行を行っています。
2.WEBサイトにおいて、各種事業の紹介、イベントへの参加申込、賛助会員の登録、書籍類の販売等を行っています。
3.国際日系ネットにおいて国内外に居住する日系人と日本人の交流を活性化させるためのネットワークを構築し、海外日系団体の情報発信を行います。


海外日系新聞放送大会支援
海外の日本語新聞・放送メディアの代表者によって結成されている海外日系新聞放送協会の事務局を担当しています。海外日系新聞放送協会では、相互の連携、各国事情の紹介、対日理解の促進などについて意見を交換します。また、海外日系文芸祭などの共同 企画について協議を行います。


日系社会視察の旅
日系社会青年ボランティア、同シニア・ボランティアの留守家族が、それぞれの活動の様子を訪ねたり、移住者の家族が肉親を訪ねるツアーを実施しています。


研修員等の受け入れと奨学制度


各種日系研修員・留学生の受入
専門分野の研修のために独立行政法人国際協力機構(JICA)が招へいする日系研修員・留学生を受け入れています。日系研修員は、集団コース(日系継承教育、日系農協中堅実務者、農村女性リーダー、幼児教育、日系団体職員など)、個別コース(医学・歯学、保健福祉、資料デジタル化など)あわせて十数件の研修をJICAに提案し、実施しています。


日系研修実施支援
JICAが受け入れる日系研修員に対して、日本での生活情報の説明や、日本文化の紹介を行っています。また、研修計画の一環として実施される国内旅行の乗車券・宿泊等の手配及び経費の支払い、受け入れ回答に関する業務を行っています。

日系研修員に対する日本語研修
JICAが受け入れる日系研修員に対して、日本語理解力強化のための日本語講座を実施しています。また、日系研修の応募者が受けるプレースメントテストも作成し、祭典結果をもとに来日後の日本語口座に役立たせています。


日本財団・日系スカラーシップ
将来、居住国で活躍するために具体的な夢を持ち、日本で勉強したいという日系の若者を応援するプログラムです。最大で5年間、奨学金を支給しています。


日系社会次世代育成研修
日本文化の継承や日本人としてのアイデンティティ向上を通じて、日系社会で活躍し、日本と中南米をつなぐ人材を育成することを目的として次の2つのプログラムを実施しています。

①日系日本語学校生徒(12~16歳)の招へい

②日系大学生の招へい


日系人・移住者の支援

日系社会ボランティア支援
日系社会における人材育成及び実務実施体制の支援のために、日本語教育、社会福祉、農業技術などの分野でボランティア精神をもった経験豊かな人材を、JICAが中南米の日系社会に派遣する事業です。このうち、国内での募集・選考にかかる業務、派遣前訓練、また、日本語教育関連職種については技術補完研修を行っています。


海外日系団体への助成
中南米の日系団体が行う医療や日本語教育などの事業に対して、その必要とする資金の一部をJICAが助成しています。これを実施促進するための手続きおよび事務処理を行っています。

ブラジル・ビジネスセミナー

ブラジル等中南米地域へ進出を検討している、もしくは関心がある企業を対象に、ブラジルのビジネス事情、中小企業海外展開事業等について情報提供しています。


日系人相談センター
国内に30万人ともいわれる日系人就労者およびその家族に対し、生活全般の相談に応じるインフォメーション窓口(電話によるポルトガル語・スペイン語での対応。平日午後)を常設しています。


日系就労者相談員セミナー
各地方自治体や地域の日系就労者相談員を対象としたセミナーを開催しています。社会や経済の情勢により刻々と変化する日系就労者の環境を踏まえ、毎年、タイムリーなテーマを提供しています。


国内就労者情報援護センター(CIATE
日本で就労しようと考えるブラジル在住の日系人を対象に、情報提供や相談業務を行う機関です。厚生労働省の委託により同センター(ブラジル)に専門職員を派遣しています。


みなとみらい日本語教室
日本で生活する日系人(成人)を対象にした日本語教室を、週1回開いています。主に横浜近隣に住む日系ペルー人、日系ブラジル人が受講しています。

継承日本語教育センター
日系人子弟に対する日本語教育に携わる人たちが、「継承語」としての日本語教育のあり方を考え、実践していきます。

日系人の子どもたちを対象とした日本語学習教材『にほんごドレミ』『にほんごジャンプ』『にほんごチャレンジ』を作成、有償配布しています。


運営・管理に関する事業


海外移住資料館
JICA横浜内に開設された「海外移住資料館」の管理運営業務を行っています。また、海外移住・日系社会について豊富な知識を持つボランティアスタッフも活動しています。常設展示のほか、企画展を催したり、学校で活用していただけるような学習プログラムを開発しています。


その他

日系人に関する調査・研究
移住及び日系人に関する諸問題についての調査研究を実施しています。これまでに外務省からの委託により「日系就労者子弟の教育に関する実態調査」を行った ほか、「スペイン語圏年少者向け日本語教科書」作成のためのニーズ調査などを行い、教科書を作成、有償配布しています。


交流事業
日系人及び日系社会に関心を持っておられる方々のネットワーク強化のため、さまざまな交流事業を実施しています。