当協会について


TOPICS

本日10月4日、ハワイ・ホノルルに赴任される伊藤康一総領事が着任のご挨拶にいらっしゃいました。
2018年は、日本人が初めて集団で海外移住を行ってから150年となる節目の年です。これを記念し、当協会では、第59回海外日系人大会を、初の移住先であったハワイで開催する予定です。伊藤総領事のご協力を仰ぎながら、しっかりと計画を立て、準備を進めていきたいと考えています。

ito.JPG

左から、田中理事長、伊藤総領事、西脇事務局長




本日9月13日、サンパウロに赴任される野口泰総領事が着任のご挨拶にいらっしゃいました。
来年2018年は、日本からブラジルへの移住が始まって110年になります。現在、サンパウロでは実行委員会が着々と記念式典等イベントの準備を進めています。
この記念すべき年をサンパウロで迎える野口総領事と連携を図りつつ、当協会も110周年をお祝いしたいと考えています。

IMG_5432.JPG

左から、西脇事務局長、田中理事長、野口総領事、椿専務理事




8月25日、当協会が管理委託業務を受託しているJICA横浜海外移住資料館では、2002年10月の開館以来、入館者50万人を達成しました!

20man.JPG




7月27日、ペルー日系人協会(APJ)の国頭(クニガミ)ホルヘ会長と赤嶺貴子国内外関係部部長が来会され、田中理事長、西脇事務局長と懇談しました。
ペルーでは2017年11月に、COPANI(パンアメリカン日系人大会)開催が予定されています。

ishida.JPG

左から、柳田慶應義塾大学教授、国頭会長、田中理事長、赤嶺部長、西脇事務局長




6月29日は、1日を通して、たくさんのお客様がいらっしゃいました。
・石田直裕 在パラグアイ日本国大使館 特命全権大使が着任前のご挨拶に、築山淳志 外務省中南米局南米課 外務事務官とともにいらっしゃいました。石田大使は、旧自治省(総務省)のご出身で、総務省総合通信基盤局国際部長、行政管理局長などを歴任され、退官後は、地域活性化センター理事長、全国町村会事務総長を務められました。 パラグアイには、約1万人の日系人がいると言われています。各地の日系団体の活動も活発で、当協会もたいへんお世話になっています。石田大使のお力添えをいただきながら、今後もパラグアイ日系社会との協力・連携を深めていきたいと考えています。

ishida.JPG

左から、築山事務官、田中理事長、石田大使、椿専務理事、西脇事務局長





・この日の午後は、都道府県海外移住家族会交流懇談会が行われました。海外移住家族会は、各県(都道府県)から移住された方々や海外県人会等との連携を図り、海外移住者の支援を行うことを目的として設立された団体です。それらの取りまとめ役であった日本海外移住家族会連合会が1999年に解散したのに伴い、当協会は、連合会が実施していた事業を引き継ぎ、このような形で年に一度、懇談会を開催しています。 今回の懇談会には、稲野辺卓郎 群馬県海外移住家族会会長、橘秀雄 富山県海外移住家族会事務局長、中西伸一 石川県海外移住家族会会長、奥井正光 大阪府海外移住家族会会長、東連寺八郎 兵庫県海外移住家族会会長、武藤英治 福岡県海外移住家族会会長がご出席くださいました。各家族会の活動状況について報告があり、また、在日日系人児童生徒の教育問題等について意見交換を行いました。

kazokukai.JPG




・夕刻には、外務省領事局政策課から、森川徹課長、足立博美課長補佐、岡一美課長補佐がいらっしゃいました。JICA横浜海外移住資料館を見学された後、中南米海外日系社会との連携に関する有識者懇談会報告書の内容を踏まえ、今後の海外日系人大会開催事業を含めた当協会のあり方について意見交換を行いました。

morikawa.JPG


左から足立課長補佐、田中理事長、森川課長、椿専務理事、西脇事務局長、岡課長補佐



6月24日、JICA横浜海外移住資料館で開催された企画展示「ハワイ日系人の歩み」のオープニングイベントに、ハワイ日米協会の三輪久雄会長が出席され、その後、当協会関係者と2018年の海外日系人大会について打ち合わせを行いました。打ち合わせ終了後は、近くにあるララ物資記念碑を訪れました。
*ララ:こちらをご覧ください。 ララ物資は、当協会の設立にも大きな影響がありました。http://www.jadesas.or.jp/about/index.html

20170624.JPG

左から、三輪会長、当協会 田中理事長、西脇事務局長、椿専務理事




本日6月2日、ブラジル日本移民110周年記念祭典実行委員長の菊地義治氏が協会事務所を訪問してくださいました。 菊地氏は長くサンパウロ日伯援護協会会長を務められ、かねてより当協会もたいへんお世話になっている方です。 来年2018年は、日本からブラジルへ最初の移民が到着した1908年から110年にあたります。菊地氏は、この110周年を記念する祭典の実行委員長として、現在、関係各所を飛び回り、精力的に活動をされています。現地では、海外最大の日本文化祭りである「フェスチバル・ド・ジャポン」(7月にサンパウロで開催)において記念式典を開催するほか、1年を通してさまざまなイベントが行われる予定です。 「是非とも皆さまのご来伯をお待ちしています」-菊地実行委員長からのメッセージです。

Hoje, 2 de junho, recebemos o Sr. Yoshiharu Kikuchi, Presidente da Comissão para Comemoração dos 110 anos da Imigração Japonesa no Brasil. O Sr. Kikuchi ficou durante vários anos, no cargo de Presidente da Beneficência Nipo-Brasileira de São Paulo, e viemos recebendo o seu grande apoio. Em 2018 se completam 110 anos a partir da chegada dos primeiros imigrantes japoneses. Como presidente da Comissão, o Sr. Kikuchi está realizando visitas em várias organizações. Está sendo planejando a realização da comemoração, durante o maior festival da cultura japonesa, o Festival do Japão(se realizará no mês de Junho em São Paulo) e além do festival, estão previstos outros eventos no decorrer deste ano.  O Sr. Kikuchi deixou a seguinte mensagem:"Estaremos esperando a visita de todos para o Brasil".

saito.JPG

左から、当協会 西脇事務局長、菊地義治氏




本日4月25日、ブラジル福岡県人会副会長で、同県費留学生OB会長の福永ミルトン氏が協会にいらっしゃいました。福永氏は、1988~89年に福岡県費留学生として来日、97年にブラジルでマスター・フレイト・ロジスティック社を起業し、アメリカにも進出、現在も事業を拡大しています。次代を担う日系社会のリーダーとして、今後ますますのご活躍を期待しています。

saito.JPG

左から、福永ミルトン氏、当協会 西脇事務局長




本日4月5日、木村元 在クリチバ総領事が着任前のご挨拶にいらっしゃいました。 木村総領事は入省以来、中南米との関わりが深く、ブラジルのリオデジャネイロやポルトアレグレ、パラグアイなどに赴任した経験をお持ちです。また、これから着任するクリチバは、日系人が多く在住しているところなので、より強く日系社会を意識し、当協会とも連携を考えていきたいとのことでした。

Hoje, 5 de abril, recebemos o Cônsul geral do Japão em Curitiba, o Sr. Hajime Kimura, que nos visitou antes de sua posse no cargo. O Cônsul geral vem criando uma relação sólida com países da América Central e do Sul, trabalhou em Rio de Janeiro e Porto Alegre no Brasil, e também no Paraguai. A cidade de Curitiba, onde o Sr. Kimura iniciará a sua carreira como Cônsul geral do Japão vivem vários Nikkeis. Por esse motivo, deseja prestar uma atenção maior para essa comunidade, visando também uma ação conjunta com nossa Associação.



saito.JPG

左から、当協会 西脇事務局長、当協会 田中理事長、木村 在クリチバ総領事、当協会 椿専務理事




本日3月9日、斉藤顕生JICAブラジル所長(3月17日着任予定)が、当協会にご挨拶に見えました。 ブラジルは、世界最大の日系社会を抱える国です。当協会が実施する日系人事業においてもブラジルは中心的な存在となっています。 斉藤所長とは、今後の連携・協力体制等について、意見交換を行いました。

Hoje, 9 de março, recebemos o Sr. Akio Saito representante chefe do escritório da JICA Brasil(a partir de 17 de março). Brasil tem o maior número de comunidades Nikkei do mundo, e além disso, o país tem uma grande importância em nossos projetos voltados para Nikkeis. Pudemos trocar idéias com o Representante chefe, sobre a forma em que trabalharemos para criar uma relação de colaboração mútua.



saito.JPG

左から、当協会 水上業務部長、斉藤顕生JICAブラジル新所長、当協会 椿専務理事、当協会 西脇事務局長


Da esquerda para direita, na sequência Sr. Mizukami - Diretor do departamento de operações da associação, Sr. Akio Saito - Novo Representante chefe do escritório da JICA Brasil, Sr. Tsubaki - Vice Presidente da associação, Sr. Nishiwaki - Secretário geral da associação




本日2月22日、ハワイより日米協会 三輪久雄会長が協会にいらっしゃいました。 今後の海外日系大会について、検討をしていくこととなりました。


IMG_4122.JPG

左より 当協会 椿専務理事、日米協会 三輪会長、当協会 田中克之理事長、当協会 西脇事務局長




本日1月23日、在日日系人のための生活相談員セミナーが無事、終了しました! 今回は例年より多くの方がご参加くださいました。外は冷たい北風が吹いていましたが、セミナー会場は皆さんの熱気に包まれていました。 関係者の皆様のご協力に深く感謝いたします。 後日、協会ウェブサイトに報告をアップします!


※二宮正人先生の使用した資料はこちら


semi28.JPG




第57回海外日系人大会は、おかげさまをもちまして無事終了いたしました。ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。 詳細については、後日、ウェブサイトにアップします。
DSC_9005.png DSC_9026.JPG DSC_9408.JPG DSC_9516.JPG


先般、熊本県へお渡しした熊本地震義援金について、熊本県知事より御礼状が届きました。 あらためまして、ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。 熊本県知事からのお礼状(クリックしてください)




9月12日、当協会とブラジル日本文化福祉協会(文協)との間で業務協定書の署名式が行われました。 今後、双方の会員増加などにおいて協力強化を図っていく予定です。
bunkyo.JPG       業務協定を締結した文協・呉屋春美会長(中央左)と当協会・田中克之理事長(中央右)




9月10日~11日、ブラジル・サンパウロにおいて、CIATE国外就労者情報援護センターのコラボラドーレス・セミナーが開催されました。今回のテーマ「日本で働く日系ブラジル人労働者のこれから―新たな展望」に基づき、複数の専門家による講演が行われました。 *関連記事(ニッケイ新聞)   デカセギ現状分析を報告=CIATEコラボ会議=(上)=「最大の問題は子弟教育」   日本の専門家が研究報告=CIATEコラボ会議=(下)=「職能支援必要」の声も colaboradores.JPG                    スピーチする田中克之理事長




8月17日、当協会が国内外の関係者に呼びかけ集めた熊本地震義援金を、熊本県東京事務所の渡邉純一所長にお渡ししました。

義援金は総額2,083,358円となりました。ご協力いただいた皆様方に厚く御礼申し上げます。

kumamoto.JPG

左:熊本県東京事務所 渡邉純一所長、右:当協会 田中克之理事長

*ご協力いただいた皆様

  サンファン日本ボリビア協会

  サンタクルス中央日本人会

  パラグアイ日本人会連合会

  その他個人の方々




7月26日、ペルー日系人協会(APJ)の国頭(クニガミ)ホルヘ会長と赤嶺貴子国内外関係部部長が来会され、田中理事長と約1時間30分にわたって懇談しました。

ペルー日系人協会は来年2017年に創立100周年、日秘文化会館設立50周年を迎えます。(ペルー日系人協会は、1917年に中央日本人会の名称で設立され、1984年に現在の名称になりました)
国頭会長は、来年予定している記念行事や創立100周年記念プロジェクトについてもお話されました。

また、国頭会長と赤嶺部長は、今年10月に開催される第57回海外日系人大会にもご参加いただけるとのことで、10月の大会をとても楽しみにしていました。


apj20160726_1.png

左:APJ 赤嶺貴子部長、中央:当協会 田中克之理事長、右:APJ 国頭ホルヘ会長