日系人相談センター


CIATEとの連携

日伯雇用サービスセンター(CIATE)とは

平成2年に我が国の入管法が改正・施行されることにより、日系3世等に対する在留資格の整備、付与が行われ、日系人に限っては国内における単純労働が認 められ、我が国で就労する日系人、特にブラジル日系人の数が飛躍的に増加し、現在まで約27万人にのぼっています。
しかしながら、これら日系人の就労経路についてみると、その就労経路に仲介ブローカーが介在するケースが多いことから、就労先や労働条件等について来日 後、トラブルを発生する事例が多発したり、仲介ブローカーが労働者派遣法の違反等で摘発されるなどの大きな社会問題を惹起しています。
こうした状 況から、在ブラジル日系人がブローカーに依拠せず安心して来日、就職できる環境を整備し、就労経路の適正化を図ることができるよう、日系人就労適正化対策 の一環として、当該センターが設立されました。

当協会との連携

当協会では、平成16年度より厚生労働省による日系人の就労環境の改善事業の委託をうけ、本事業における現地業務を日伯雇用サービスセン ター(CIATE)に委託しています。当協会に設置された日系人相談センターとCIATEが連携することにより、日系人の就労環境改善業務の更なる円滑化 が図られています。

 

CIATE概要はこちら


CIATE ホームページ(ポルトガル語)はこちら