交流事業


今までの実績

●H18年度

―浜松市の南米系外国人学校「ムンド・デ・アレグリア」に教材購入費を支援―

 

国・地域

日本(静岡県)

 

支援団体

ムンド・デ・アレグリア学校

(松本雅美校長・南米系外国人学校)

 

支援内容

西語・ポ語教科書等教材購入費用

 

詳  細

ムンド・デ・アレグリア学校は南米系外国人学校としては国内で初めて「学校法人」として認可された学校です。父兄の月謝負担を出来るだけ下げようとコストダウンされていたため、1冊の教科書をコピーして使用するなどしていましたが、今回の支援金で子供達一人一人に教科書が届き、とても喜んでいるとの報告を頂きました。

 

生徒らによるペルー民謡の演奏

 

●H17年度

―インドネシア ヤヤサン福祉友の会へコンピューター3台を寄贈―

 

国・地域

インドネシア

 

支援団体

ヤヤサン福祉友の会 (日本語学校ミエ学園)

 

支援内容

コンピューター3台

 

詳  細

ヤヤサン福祉友の会の日本語学校ミエ学園では、以前事務所の一部を使用して授業を行っていましたが、2006年に新校舎へ移転。このコンピューター3台は新校舎で新教材作成や、インターネットから学習に使用できるものをダウンロードしたり、日本の文化や習慣等のプレゼンテーションにも利用され、日本語教育に役立てて頂いているそうです。

 

ミエ学園での授業

 

 

●H16年度

―実施なし―

 

●H15年度

―韓国の芙蓉会へシルバーカー・杖を寄贈―

 

国・地域

韓国

 

支援団体

芙蓉会

 

支援内容

シルバーカー・杖

 

詳  細

芙蓉会は韓国にいる日本人妻の会で様々な活動を行っていますが、高齢となった会員のためにも医療・福祉支援事業等を行っています。その会員の方々へ歩行補助のためのシルバーカーと杖を寄贈しました。ほとんどまっすぐ歩けなかった方がシルバーカーを使用し、散歩はもちろん市場への買い物にも安心して出かける事が出来るようになったと喜びの声を頂きました。

 

シルバーカーを使用して

 

●H14年度

―実施なし―

 

●H13年度

―フィリピン ジャフィール(日比)協会へ灌水用車輌を寄贈―

 

国・地域

フィリピン

 

支援団体

ジャフィール(日比)協会

 

支援内容

潅水用車輌への助成

 

詳  細

ジャフィール協会が推進するプロジェクト「マンゴの里―ジャフィール学園」潅水用車輌に対し助成を行いました。ジャフィール学園の構想は、ストリートチルドレン化している日系の子供たちに、集団生活の場と、勉強のできる学園を建設しようというもの。そのための資金づくりにマンゴの木を学園建設予定地の敷地に植え果実の販売益で学園を運営することを計画しています。

 

ジャフィール学園に寄贈した潅水用車輌

 

●H12年度

―実施なし―

 

●H11年度

―フィリピン フィリピン日系人互助財団に自家発電装置の購入資金を支援―

 

国・地域

フィリピン

 

支援団体

フィリピン日系互助財団
(フィリピン日系人研修センター)

 

支援内容

発電機への助成

 

詳  細

同財団が運営しているフィリピン日系人研修センターが、電圧低下のため最優先的に必要としている発電機の購入資金の一部を支援しました。このセンターは就労のために日本に行く日系人の子弟のために、日本企業の内定後40日間同センターで共同生活を送り、日本の文化、習慣、心構え、日本語等の研修を無料で提供しています。電力事情が悪く停電は研修生の生活環境にも悪影響を及ぼしており、この助成は本当にありがたいと感謝のお言葉を頂きました。

 

フィリピン日系人研修センター開所式

 

―キューバ アジアの家日本語コースへ日本語教材・教具を支援―

国・地域

キューバ

 

支援団体

アジアの家 (日本語コース)

 

支援内容

西和辞典他教材を寄贈

 

詳  細

「アジアの家」に対し、キューバ在住日系人らに対する日本語教育のための西和辞典60冊と漢字練習帳(スペイン語版)、漢字ドリル、ビデオなどの教材を外務省の協力のもと寄贈致しました。「アジアの家」は1997年6月、アジア全般の文化紹介、美術品展示などを目的にキューバ政府により設立されたもので、日本語教育は、文化紹介の一環として行われています。徐々に評判を呼び教室は満員の盛況だそうです。

 

アジアの家で学ぶ日本語講座生徒の皆さん