02:沿革

在蘭邦人相談窓口のあゆみ

オランダには在蘭邦人全てを対象とする日本人会はありませんが、大小数々の公式・非公式の集まりがあり,

日蘭国際婦人交流の「おらんだ会」(2010年から休会)や「国際結婚を考える・かもめの会」の様に比較的古く

1983年度から非営利団体として法人登録をしている会などがあります。現在の最も大きな会は(財)日蘭シルバーネットです。

2003年3月には、先立つ1年半強のJCC会頭、副会頭、役員により実施された事前(訪問)調査の結果、

新らたな試みとして、日本大使館領事部、JCC副会頭・役員の皆様の呼びかけで、在蘭邦人連絡会 (略称:邦人連、旧仮称:JCC邦人部会全体会議)が諸々の分野から集められた10数人のボランテイア(後に運営委員)を核に発足に向け動き始めました。日本大使ご夫妻、領事、JCC会頭、副会頭等の参列・出席を得た数年に渡る数々の会議を経て、2007年11月、邦人連は残念ながらその役割を終えたとして閉会しました。

この活動から主に三つの成果、在蘭邦人連絡ネットワーク、在蘭邦人医療サービス(現・JapanHelpdesk)、在蘭邦人生活相談窓口が生れ、解消後もボランテイア有志の決断と尽力により各活動を展開、その中で、後に名称を変えた「在蘭邦人相談窓口:Stichting Japanese Helpdesk」は、唯一の奉仕団体として残りました。    

邦人連の特定課題プロジェクト「生活相談窓口」として、2005年7月の活動検討会議に始った相談窓口は、

在オランダ邦人社会に最も縁の有る三都市へ支援を呼びかけました。Amsterdam市から返答があり2005年8月に初会合、非営利財団Access (1986年Den Haag発足、Amsterdam支部2003年発足、在留外国人の為の英語相談窓口)を紹介されました。

同年12月、2006年3月、6月のAmsterdam市、Access Amsterdam、生活相談窓口の三者検討会議、JCC元副

会頭出席の会合等を経て、2006年10月相談窓口は第一回相談窓口チーム会議を開き共同活動を承認、

名称を「在蘭邦人相談窓口」と改名しました。

同年11月より6ヶ月間、Accessとの試験的共同活動を実施、その後双方の同意により2007年5月より2010年3月までAccess Amsterdam事務所(後にAICS学校へ移転)にて無料電話・メール相談を受け付けることになりました。

この間2009年9月にはStichting Japanese Helpdesk「在蘭邦人相談窓口」としてオランダ商工会議所にて法人登録を完了。

Access Amsterdamは2010年3月、財政困難を理由に惜しくも閉鎖され、その後邦人相談窓口は2011年4月から

2015年3月迄Amsterdam WTC内のExpatcenter Amsterdam (www.iamsterdam.com/)との共同活動を実施、同年3月からはAmstelveen市の囲碁センターへ移転しました。2018年の3月で邦人連より15年目、7月25日には在蘭邦人生活相談窓口の発足より13年目を迎えます。

2015年度の10周年記念行事より

* 10周年記念小雑誌「あゆみHop,Step,Jump」発行  SJH 10 jaar jubileum boekje.pdf

* 「在蘭相談窓口10周年記念」スライドプレゼンテーション版の作成 在蘭邦人相談窓口 10周年記念.ppt

  

この10年間に600件を超える相談、ボランテイア数27名(現2018年度8名)、会議回数40数回を通過しました。

最近の相談傾向は、滞在・労働ビザ、コミュニテイ情報(店舗、レストラン、郵便局、習慣、就職、結婚)、

医療関連(医者、歯医者、保険)、生活トラブル(騒音、賃貸、消費者、学校、家庭、離婚)、雇用者とのトラブル(雇用・労働・解雇問題)、税金、年金、住居・不動産、弁護士・会計士・翻訳者紹介、塾・語学・学校情報などです。

更に詳しくはPDF在蘭邦人相談窓口のあゆみを参照ください。

あゆみ表紙.2011. 9月pdf.pdf

Ayumi (2015.4).pdf

2017 statistics Japanese.pdf

                                             2015年9月