2013年10月アーカイブ

かもめの会 30周年記念行事

 「国際結婚を考える会・オランダかもめの会」が、1983 年 10 月に設立して以来、今年で 30 年を迎えます。
国際結婚が増え続けるなか、私たちが置かれる 社会的な位置づけや取り巻く環境は、常に変化しています。
国際結婚カップルから生まれる子供たち、そして次の世代へと続く子供たちは複数の国と関わりあいながら、様々な環境のなかで次世代を育てて行くことでしょう。
30 周年という記念すべき年に、これからの世代を担っていく次世代に注目し、彼らのアイデンティティ、抱える問題など、複数の国の文化や言語を体験しながら育つことの意味を次世代の子供たちとパネルディスカッションの形式で一緒に考えてみたいと思います。
 
国際結婚の子供たちの体験とアイデンティティ
- The children from international marriage, his/her experiences and the identity - 
 
 
 
さらに、Drolsbachさん親子、七海さん親子が演奏して下さいます。こちらも聴き逃せません。
 
皆様お友達を誘って是非ご参加ください。
 
*託児が必要な方は事前にご連絡ください。(有料)
*参加費は5ユーロです。(16歳以上 ・ 飲み物券付 ・ 懇親会参加代込み)
 
開催日:2013年11月17日(日曜日)13:00 - 16:30
会場: 囲碁会館(Schokland 14, 1811HV, Amstelveen)
 
プログラム、お申し込み方法、託児サービスなど、詳しくはお誘い状をご覧下さい。
 
## 入場希望最終申し込み締め切りは、11月10日(日)です。##

 

Jubileum viering Kamome no Kai

 

Zondag 17 november viert Kamome no Kai haar jubileum. Als deel van de Japanse Association for Multi-Cultural Families (AMF) werd in oktober 1983 in Amsterdam de Kamome no Kai opgericht en sindsdien viert de organisatie alweer haar 30ste jubileum.
 
Ondanks de veranderende maatschappelijke-status en -klimaat, blijft het aantal multiculturele huwelijken stijgen. De kinderen en kleinkinderen die uit deze internationale koppels geboren worden, komen in contact met verscheidene landen en culturen, en  groeien op in een divers milieu. Tijdens deze feestelijke jubileum viering zouden wij graag onze focus willen leggen op deze toekomstige generatie, die de huidige zal komen te dragen. Hoe zij hun identiteit vormen, wat de problemen zijn die ze ervaren en wat het voor hun betekend om op te groeien met een meervoud aan culturen en talen. Deze gedachten wisselen we graag uit tijdens een panel discussie. De voer taal zal voornamelijk in het Engels zijn, maar eventuele vragen & antwoorden mogen hier van afwijken.
 
 
<functie kamome no kai>, Emiko Kannan
 
 
 
Datum: 17 november 2013 (zondag); 13:00~16:30
Plaats: European Go Center(EGCC)
        Schokland 14, Amstelveen
Programma:   begin 13:00
Muziek 
Paneldiscussie 14:00
Panel titel: Identiteit en ervaringen van kinderen met Nederlands- Japanse ouders
Panelleden: Zes personen van verschillende leeftijden afkomstig van Nederlands-Japanse ouders of grootouders
Foto’s van de lopende 30 jaar 
Borrel 
Toegang : 5 euro (Incl. enkele consumptie bon voor thee / koffie / fris) 
               
 
Graag ontvangen wij, voor 10 november, bericht over uw reservering en aantal deelnemers.
 
Voor nader informatie kunt u contact opnemen met:
Emiko Kannan
Tel: 06-********
E-mail: kamome30yearsugmail.com (Verander u tot apenstaartje a.u.b.)
 

10月例会:昼食会/30周年記念行事の準備

まず、窓際いっぱいに干してあったのが・・・

DSCN0166-kl.jpg

セージ(オランダ語で "salie"、日本語では「薬用サルビア」とも)の枝。

セージのお茶はすっきりした優しい味でした。紅茶が入ってくる前には、セージ茶が飲まれたそうです。(Wikipediaより)

 

DSCN0163-kl.jpg

昼食会には、素揚げ野菜の煮物。そして・・・

 

DSCN0165-kl.jpg

栗ご飯! 栗はトルコ系の八百屋さんから。緑のブドウは、皮が薄くて店で売っていない種類です。

 

DSCN0167-kl.jpg

いただきます! そしておかわりは・・・

 

DSCN0168-kl.jpg

海鮮ピラフ。黄色はターメリック(日本語では「ウコン」、オランダ語では "kurkuma")から。

ごちそうさまでした。(MiMo)

 

映画「ハーフ」/Hafu

日本初!ハーフの女性監督2人による、ハーフたちの本音に迫ったドキュメンタリー映画

 

(公式サイトに行くと、動画を観ることができます。)

 

http://www.uplink.co.jp/movie/2013/12408

 

厚生労働省の統計によると、日本の新生児の49人に1人が、日本人と外国人の間に生まれています。「ハーフ」と言う日本語が私たちの生活の中で日常的に使われる一方で、日本に住む「ハーフ」たちが何を感じ、何に悩み、どのように生きているのかはあまり知られていません。

外見が目立つ人と全く目立たない人、日本語を話せる人と話せない人、日本で暮らす人と日本での生活は未知の世界という人・・・。背景や国籍、年齢もばらばらな5組のハーフたちの本音に、自身もハーフである女性監督二人が迫った貴重なドキュメンタリー。



日本のAMFメーリングリストで紹介された映画です。

なお、現在、東京・渋谷の映画館で公開中とのことです。(注:掲載当時)