国際結婚を考える会・オランダ、かもめの会

kamome-logo-2015.jpg

IMG_20161021_135807.jpg

オランダ南部Breda市の駅前にValkenberg公園があります。

この記念碑はBaroniemonumentと呼ばれ、

オランダ国立美術館やアムステルダム中央駅の建築家として有名な

P.J.H. Cuypers.がデザインしました。

 「国際結婚を考える会」(在日本・1980年発足)後にAMF(Association for Multi-Cultural Families )の海外グループの 草分けとして、1983年に発足。外国籍の配偶者・パートナーを持つ日本人のグループです。オランダで同じような境遇で生活している会員達と、親睦を図り、より健やかな生活を目指し勉強会も開催しています。

Als deel van de Japanse Association for Multi-Cultural Families (AMF) werd in oktober 1983 in Amsterdam de Kamome no Kai opgericht. Het is de groep van de Japanners in Nederland die niet-Japanse partner / echtgeno(o)t(e) hebben. Wij houden gezellige bijeenkomsten en verdiepen de kennis en de levensstijl.


2016年12月例会は、桜の会の方に自己体験を聞かせていただきました。後半は茶話会・打ち上げ。


2016年11月例会で、かもめの会主催の講演会を行いました。

「自分で歴史を考え平和を作るすすめ」 日本-オランダーアジア  講演者 星野文則氏


2016年6月例会で、東日本大震災に関連する映画を上映しました。


2016年4月27日(水)の国王の日に、フリーマーケット参加しました。/ Rommelmarkt op Koningsdag 2016


2014年11月9日(日)に、ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事面に関する条約)の勉強会を行いました。

勉強会の後日、日本大使館から在蘭邦人へ、「片方の親権者が未成年の子(16才未満)を連れて出国する際の留意点」の連絡がありました。
Op 9 november 2014 hadden wij de studiedag over Haags Kinderontvoeringsverdrag.

国際結婚を考える会(AMF)はこちらをご参照下さい。

http://amf.world.coocan.jp/

  国籍法改正の請願運動を行っています。