9月 遠足、ドルドレヒト

日時:9月15日(日)

参加者:会員と家族、14名

素晴らしいお天気に恵まれて、しかもオープン・モニュメント・デイの晴れやかな雰囲気にも包まれ、水に浮かぶ街、ドルドレヒトを堪能してきました。

まず Villa Augustus に集合、ランチをとりました。ここは昔の給水塔を改築して、ホテル、レストラン、ショップとして使われています。中庭の菜園には数々の珍しい野菜も栽培されていました。また、レモンの栽培温室(?)では結婚式が行われていたようで、さらに晴れやかな雰囲気でした。レストランでは自家製のハーブティー、レモネード、自然酵母のパンなどもいただけます。美味しかったです。

IMG_20190915_114533.jpg

IMG_20190915_122526.jpg

そこから20分ほど歩くと、旧市街の真ん中、遊覧船の船着き場がある Wijnbrug に着きます。

IMG_20190915_144845.jpg

IMG_20190915_144745.jpg

40人乗りの大きな船なのですが、電気モーターのおかげでとても静かでスムースに動きました。

IMG_20190915_150525.jpg

IMG_20190915_150544.jpg

IMG_20190915_150723.jpg

街中の橋を次々くぐって、家々の軒先を見上げながら進むうちに、市庁舎や大教会の塔が見えてきました。

IMG_20190915_151224.jpg市庁舎

IMG_20190915_152905.jpg

そこを過ぎると、Oude Maas 川に出ました。ここからは波が大きくなり、大きな輸送船や客船も航行しています。

IMG_20190915_152213.jpgOude Maas川から見る大教会の塔


IMG_20190915_153923.jpgモニュメントの船も当日は航行

対岸の Zwijndrecht の給水塔(最上階にガラス張りの部分が増築されて、レストランになった)を通り過ぎると、大河の合流点があり、そこからまた旧市街の運河に戻りました。

IMG_20190915_154049.jpg

Groothoofdspoort(大きな頭の門?!)

ここで一旦解散したのですが、その後も有志で het Huis van Gijn を見学しました。これは1729年に建てられ、裕福な商人、法律家、コレクターの Simon van Gijn が19-20世紀にかけて住んだ家です。当時の暮らしの様子がよく保存されていました。屋根裏部屋のオモチャやミニチュアのケルミスのコレクションが、不思議な雰囲気を醸し出していました。

ドルドレヒトはお勧めです。機会があれば皆さんもぜひどうぞ!

(報告:M.M.)