日本で学ぶ


集団研修 幼児教育と日本文化活動 / Early Childhood Education and Japanese Cultural Activities

来日日:2019年12月1日
帰国日:2020年1月下旬(約2ヶ月)

1.コースの目的

日本的文化を継承しながら幼児教育に携わる人材を対象として、幼児教育に関する知識・技術、および幼児期における日本文化(伝統文化・サブカルチャー)活動を含む継承日本語教育の方法に関する知識・技術の習得を図る。


2.募集人数

6名


3.研修内容
1)講義:教育の原理と方法、音楽と子ども、運動と子ども、絵本と子ども、子どもと表現、日本の年中行事、自然と子ども、子どもと食育、幼児教育と日系社会、伝統文化とサブカルチャー等
2)実習:民間幼稚園での教育実習
3)視察:幼児教育施設、バイリンガル校
4)研修旅行:地方の幼稚園を訪問し、様々な保育理念を学ぶ。また、日本文化とその背景にある歴史を学ぶ。

4.応募資格
1)幼稚園教諭資格または同等の能力を有している者で、現在幼児教育に従事している者
2)実務経験1年以上(研修成果を高め、帰国後の研修成果還元を促すため)
3)日本語能力試験N4(旧3級)程度以上(全講義が日本語で行われるため)
4)来日時の年齢:21歳~50歳


5.よくある質問

FAQ


6.その他

来日後にジョブレポート発表会があるため、所属している学校の資料、写真、パワーポイント等を持参してください。また、幼稚園での実習中、自国の歌、踊り、遊び、ゲーム、絵本などを発表する機会があります。来日時には、それらを持ってきてください。



7.研修日程
12月上旬
ブリーフィング・オリエンテーション
プログラム・オリエンテーション
ジョブレポート発表会
12月中旬~1月上旬
講義、市内幼稚園見学等
1月中旬~1月下旬
研修旅行
実習、評価会、閉講式


・ 講義では、各専門分野の講師が講義をし、日本の幼児教育に関する基礎知識を学びます。また、実習で拾い上げた事例を教材にして、事例研究をします。
・ 実習では、講義で得た知識・技術を現場で応用します。


IMGP1695.JPG

幼稚園見学

絵本読み聞かせ実習


体育実習

パネルシアター


おもちゃ作り体験

研修旅行


研修内容に関するご相談はこちらへお願いいたします。
■電話:+81-45-211-1783
■FAX:+81-45-211-1781
■お問い合わせはこちら
※ 応募希望者はJICA在外事務所に直接ご相談ください。
 その際、詳しい応募書類や応募締切日などについてもご照会ください。