日本で学ぶ


日系スカラーシップ留学体験談~清野さん

seino_soto.jpg

seino_nomikai.jpg


どうして日本へ留学しようと思ったのですか?


私は弁護士としてブラジルで働いていましたが、日本の法律に興味があり、そして、将来的にはブラジルの日本企業などと仕事をしたいと思い、そのために日本語ももっと勉強したいと思って留学しようと思いました。


日本での生活はどうですか?


日本での生活は忙しいですが、とても楽しいです。NFSA、日本語学校や大学などでいろんな国の人と知り合って、いろんな文化について学ぶこともできて、嬉しいです。日本語を話せた方が楽ですが、いろんな場所、特に東京では英語話せる人も多いですし、あまり苦労はしませんでした。ただし、私は漢字がとても苦手ですが授業ではたくさん日本語の本を読む必要があるので来る前には少し勉強しておけばよかったと少し反省しています。そして、家族から離れて生活するのは寂しいですが、NFSAの仲間がいるのでいつも支えてもらったり、楽しい時を一緒に過ごしたりしています。


どのような勉強・研究をしていますか?


私はブラジルでも租税法を専門としていましたので、日本の租税法をメインに勉強しています。


留学を通して、日系人としての意識が変わりましたか?


日本での留学を通して、日本文化をもっと知ることができ、他の日系人と会うこともでき、自分が日系人であることをより誇らしく思うようになりました。


将来の夢は?


私は将来ブラジルと日本の企業に協力できるような弁護士になりたいです。


これから留学を考えている人へメッセージを!


日本に来ないと学べないことは沢山あると思います。私の場合は自分の弁護士キャリアを一旦止めて、留学をすると決めた時には周囲にはとても反対されましたが、私は日本に来ていろんな可能性が広がったと思っていますので一切後悔はしていません。そして、プロとしてだけでなく、私自身もこの経験でとても成長ができたと思っています。皆さんも是非日本で一緒に勉強しましょう!