2013年10月アーカイブ

ラパス診療所 紹介

ラパス日本人会と チャベス日本人会が共同で 医療、福祉、保険、医療共済事業を進めてます。

 

画像 001.jpg

診療所スタッフ: 小児科/クリニカファミリアル医師 1名

           検査技師 1名

           看護師 3名

           レントゲン技師/救急車運転手 1名

           

応援医師: 産婦人科医師、エコグラフィ-専門医師、栄養士、理学療法士、歯科医

 

主な医療機材: エコグラフィ-、 レントゲン、 マモグラフィ-、外科用手術機材、 検査用機材、 救急車

ラパス日本人会

P1020745.JPG

こんにちは。ラパス日本人会です。

南米・パラグアイ国のラパス日本人会では、日本人会事務所に加え、ラパス日本語学校、診療所運営、薬局運営、高齢者福祉支援活動、道路補修重機の賃貸事業を行っています。

Tel/Fax: +595 763 20009

e_mail: asolapaz@yahoo.co.jp

 

ラパス日本人会の概況

1 日本人会発足以前

1955年~1960年;ラパス(旧フラム)移住地入植開始。

1955年~1970年までの15年の間、フジ、ラパス、サンタロサ移住地の順に入植して、夫々が農協や自治活動を行う。

2 日本人会発足

1971年1月、上記3地区自治会が統合、フラム自治体として発足。

3 名称改正  

1989年 ラパス日本人会に名称改正、ラパス市制施行に伴い地名もフラム移住地からラパス移住地に変更。