ラパス60周年入植記念祭

1955年から始まって今年2015年で60周年を迎えたラパス移住地では、

8月21日、盛大に入植60周年記念祭を行いました。

 

慰霊祭では上田喜久日本国特例全権大使をはじめ、たくさんの来賓の見守る中、日本人会会長を筆頭に会員の代表による追悼、献花を行い、339柱へ追悼を捧げました。

 

IMG_4280.JPGDSC02144.JPGJuan Eudes Afara Maciel パラグアイ共和国副大統領をお迎えにした記念式典では、多くの祝辞を頂き、功労者、直接入植者、高齢者の方々の表彰などが今日のラパス発展に感謝して厳粛に行われた。

IMG_4351.JPGIMG_4353.JPGIMG_4363.JPG

DSC02279.JPG祝賀会では地元の食材を中心に、日本人会婦人部が腕によりをかけて作った祝いの料理の品々で祝賀の宴となりました。

DSC02266.JPGIMG_4540.JPGIMG_4542.JPGIMG_4561.JPG

12016671_965969830126858_1098199947_n.jpg

アトラクションでは、地元で活動するニューソング、日本舞踊、ダンサパラグアイ、オルガンをはじめ、歌や踊りが披露され、賑わいました。

IMG_4460.JPGIMG_4494.JPGIMG_4520.JPGまた、夜には紅白歌合戦が行われ、それぞれ紅と白に分かれて点数を競い合いました。

10年前の50周年記念祭には白組が勝ちました。今年は、どうだったのでしょか?

 

IMG_4634.JPG

IMG_4653.JPGIMG_4846.JPGIMG_4871.JPGIMG_5028.JPGIMG_5047.JPGIMG_5085.JPGIMG_5088.JPGIMG_5112.JPG