海外日系人大会


第58回大会 実施報告

第58回大会 実施報告

期 日:

平成29年10月23日(月)・24日(火)・25日(水)

会 場:

東京都千代田区永田町1-1-1憲政記念館(歓迎交流会)
東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル(代表者会議)

主 催:

公益財団法人海外日系人協会

後 援:

外務省、独立行政法人国際協力機構、独立行政法人国際交流基金、全国知事会、東京都、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本政府観光局、(社)日本経済団体連合会、日本商工会議所、海外日系新聞放送協会

協 力:

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

参加国:

19カ国 248名


 第58回海外日系人大会は、平成29年(2017年)10月23日、24日、25日の3日間、東京都千代田区憲政記念館、及び東京都新宿区JICA市ヶ谷ビルにおいて「TOKYO 2020に向け日系パワーを結集!」をテーマに開催しました。


1日目:憲政記念館において、スポーツ庁長官鈴木大地氏、日本体育大学大学院ヤザキ・シャーリーナツ氏、ラ・ウニオン総合運動場総支配人フェリペ・アゲナ氏、武蔵大学社会学部教授アンジェロ・イシ氏による講演会を行いました。夕刻からは、秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、歓迎交流会を開催しました。田中克之理事長が主催者代表の挨拶を行い、続いて中根一幸外務副大臣の挨拶、そして海外を代表してブラジル日本都道府県人会連合の山田康夫氏が乾杯の発声を行った後、秋篠宮同妃両殿下は、海外参加者多数と親しくご歓談されました。


2日目:JICA市ヶ谷ビルにおいて、海外日系団体の代表者らが集まり、「TOKYO 2020に向けて新たな連携を」をテーマに国際シンポジウムが行われました。午後は分科会形式で行われ、①日系社会との連携―スポーツと文化を切り口として(議長 アンジェロ・イシ)②日系社会との連携―ビジネスも視野に(議長 森本昌義)③ユースにとっての「2020」とは(議長 ヤザキ・シャーリー・ナツ)の3つの分科会に分かれてそれぞれ自由な討議を行いました。討議の結果は、「第58回海外日系人大会 大会宣言」としてとりまとめられました。同日には、代表者会議に参加しない大会参加者のために「オフィシャル・ツアー」を実施し、鎌倉の報国寺・鎌倉大仏などを見学しました。

夕刻からは、外務省飯倉公館で外務大臣主催の海外日系人歓迎レセプションが開かれました。


3日目:憲政記念館講堂において、昨年に引き続き2回目の開催となる「日系人の主張~日系社会の現状と提案」(5分間スピーチ)を行いました。北米、ハワイ、カナダ、ブラジル、ドイツから9名が登壇し、5分間という限られた時間の中でそれぞれの想いや、活動の紹介などを行いました。その後、第8回「在日日系人こども発表会」では、埼玉県児玉郡にあるブラジル人系学校、「ティー・エス学園」と、茨城県常総市のブラジル人学校、「エスコーラ・オプション」の日系子弟を招待し、日本語による学校紹介、「3つの願い」「より良い世界を作る方法」等をテーマにした作文発表を行いました。また、24日の国際シンポジウム・分科会にてとりまとめられた「大会宣言」を、参加者を代表してブラジルの矢野敬崇氏が発表し、会場からの賛同を得て「大会宣言」として改めて全参加者の承認を得ました。

その後、伊達忠一参議院議長主催の歓迎昼食会が行われ、伊達忠一参議院議長をはじめ多数の国会議員が参加し、参加者と懇談しました。


<関連イベント>

10月22日には、TOKYO HIT STUDIOにおいて、「第3回国際日系歌謡大会~世界に響けニッケイの歌声~」が、株式会社第一興商の協賛により実施されました。国内外より6か国16組の日系人が出場し、それぞれ曲に込められた日系社会への思いを語り、歌声を競い合いました。ゲストとして、ブラジル出身の演歌歌手エドアルドさんがミニ・ステージを行い、大いに大会を盛り上げてくれました。


日程とその様子


10月24日(月)

14:00-17:00

《政府代表、関係機関挨拶》

内閣官房副長官            野上浩太郎

中南米日系人を応援する議員連盟会長・      

日伯国会議員連盟幹事長        河村 建夫

独立行政法人国際協力機構理事      前田 秀


《特別講演》 

「スポーツが変える 未来を創る」

スポーツ庁長官       鈴木大地

 東京五輪音頭-2020-紹介


「日系人とスポーツ 目指せ!TOKYO 2020」 

日本体育大学大学院体育科学研究科 ヤザキ・シャーリー・ナツ

「日系の親睦と超克の手段としてのスポーツ」

ラ・ウニオン総合運動場(AELU)総支配人 フェリペ・アゲナ

まとめ「スポーツと日系コミュニティ」

武蔵大学社会学部教授・海外日系人協会理事 アンジェロ・イシ

                  
58nogamikotaro.JPG 58suzukidaichi.JPG
       来賓挨拶               鈴木大地氏 講演
58yazakinatsu.JPG 58felipeagena.JPG
 ヤザキ・シャーリー・ナツ氏             フェリペ・アゲナ氏


17:30-19:00

《歓迎交流会》憲政記念館第1・2・3会議室
秋篠宮同妃殿下ご臨席
挨拶 海外日系人協会会長 山田啓二
挨拶 中根一幸外務副大臣
乾杯 海外代表 山田康夫(ブラジル)
懇談

58yamadakaicho1.JPG 58ryoudenka1.JPG
      挨拶する山田啓二会長           秋篠宮同妃両殿下 

58gaimufukudaijin.JPG
   挨拶する中根一幸外務副大臣



10月24日(火)

《プログラム1・代表者会議》JICA市ヶ谷ビル

10:00-17:20

理事長挨拶 海外日系人協会理事長 田中克之


基調講演  「海外日系人への期待-『中南米日系人との連携に関する有識者懇談会』の報告を踏まえて」 

外務省中南米局長 中前隆博


プレゼンテーション「TOKYO 2020に向けて新たな連携を」


1. 「課題提起:イコール・パートナーとしての地盤造り」  

上智大学名誉教授・海外日系人協会常務理事 堀坂浩太郎

2. 「日本文化の発信と普及のための連携」

                 サンパウロ・ジャパンハウス館長 アンジェラ・ヒラタ

3. 「地域の魅力発信、訪日観光客誘致のための連携」 

アルゼンチン日系センター顧問 モニカ・コギソ(小木曽)

4. 「魅力的かつ収益力のある農業とするための連携」

株式会社ティー・エスファーム代表取締役社長 斎藤ワルテル俊男

5. 「ビジネスとグローバル日系社会との連携」       

(独)国際協力機構(JICA)中南米部次長 吉田 憲

6.「教育面での連携-JETプログラムの経験から」

Kmpウェバー・コンサルティング(株)代表 カトリーン・ウェバー

◆質疑応答

◆まとめ  上智大学名誉教授・海外日系人協会常務理事  堀坂浩太郎



分科会
   第1分科会  日系社会との連携-スポーツと文化を切り口として
   第2分科会  日系社会との連携-ビジネスも視野に
   第3分科会  ユースにとっての「2020」とは


58kokusaisympo.JPG    58nakamaekyokucho.JPG
      国際シンポジウム         基調講演を行う中前隆博外務省中南米局長     

58presentation.JPG    58sportstobunka.JPG
      プレゼンテーション     分科会(日系社会との連携-スポーツと文化を切り口として)

58business.JPG    58nikkeiyouth.JPG
分科会(日系社会との連携-ビジネスも視野に)分科会(ユースにとっての「2020」とは)     


《プログラム2・オフィシャル・ツアー》

8:30-17:00

報国寺・小町通り・鎌倉大仏殿高徳院

58officialtour.JPG


《プログラム1・2共通》

17:00-20:00

外務大臣主催レセプション(飯倉公館)

58konogaimudaijin.JPG 58iikurasankasya.JPG
   河野太郎外務大臣         海外参加者     


10月25日(水)

10:00-11:45

《全体会議》
日系人の主張~日系社会の現実と提案(5分間スピーチ)
在日日系人こども発表会 
  埼玉県児玉郡上里町  学校法人ティー・エス学園
  茨城県常総市 エスコーラ・オプション
大会宣言発表

58nikkeijinnosyucho.JPG 58kodomohappyo.JPG
          日系人の主張          在日日系人こども発表会

   58taikaisengenhappyo.JPG
        大会宣言発表


12:00-13:00

《参議院議長主催歓迎昼食会》

58itoshugiingicho.JPG 

      伊達参議院議長 



10月22日(日)

14:00~16:30

海外日系人大会関連イベント

《第3回国際日系歌謡大会~世界に響け日系の歌声》


詳細はこちら